2006年02月18日

又、悲しい事件。

滋賀県長浜市相撲(すまい)町の農道で、市立神照(かみてる)幼稚園に通う園児・武友若奈ちゃん(5)と佐野迅ちゃん(5)が刺殺された事件で、2人の同級生の母親で、殺人容疑などで逮捕された中国籍の無職鄭永善容疑者(34)(長浜市新庄寺町)が滋賀県警の調べに対し、近所の保護者が交代で送り迎えする「グループ送迎」をしている子どもらに憎しみを持っていたという趣旨の供述をしていることがわかった。


又、小さな子供達が犠牲になる悲しい事件が起った。
同じ子を持つ母親として、胸が張り裂けそうだよ。
いつも犠牲になるのは、小さくて弱い者。
納得の行かないこの憤りを感じながら又、悶々とした日々を過ごすんだ。

今、あたしは、PTAで「ピーポくんの家」を立ち上げてみんなで「子供の安全を第一に!」
「子供が安心して暮らせる社会を!」の一心で保護者や地域の方々と一致団結してやっと今週末スタートさせる運びとなったのだ。

そんな、この時期にこの事件。

犯人は不審者などではなく、同じ子供を持つ保護者。
極端な話、誰を、何を信用していいのかわからない。

きっと、みんなそう思ってるはず。

「グループ送迎」をやっていたとあるが、あたし自身、週に1回息子のバスケのお迎えを近所のお母さんにお願いしてる。
あたしが、そのお母さんを心の底から信用してるのと同じように殺害された被害者のお母さん方も鄭永善容疑者の事を信用してお任せしていたのだろう。

じゃあ、逆の立場であたしだって、軽々しく「いいよ、お宅の○○ちゃん送り迎えしてあげるよ!」なんて言えなくなってしまうって事?
そうは思いたくはないが、相手のお母さんはこんな事件の後だし、あたしの事を100%信用しないかもしれなしね、
じゃあ、あたし達がしてきた活動、「子供を見守る地域の目」というものを根本から揺るがす事になってしまうではないか!
地域や保護者みんなが協力して子供を見守ろう。って事でやってきたのに一番信用があるであろう、身近な保護者の手によって幼い命が絶たれたのだから。

悲しくて、悔しくて、涙が出てきた。

鄭永善容疑者は憎しみを小さくて弱い者にぶつけた。それは許せない事。
でも、やっぱりその憎しみの原因をちゃんと理解して二度と同じ事が起きないようにしなければならないよね。
彼女には、彼女なりに悩み思う所があったのだから。

「中国から来たので、言葉がわからない」「保護者となじめない」などかなりの疎外感を感じていた様子。
母親同士の付き合いだけしかないような人はその世界が全てになってしまうのかな?

母親同士の付き合い・・日本人のあたしでさえ、たまにストレス感じるもんな・・。
疎外感だって感じまくり!の時だってぶっちゃけあるよ。

それを、気付いてあげられる人がいなかったのがとても悲しい。


同じ母親である皆さんは、どう思った?


人気blogランキングへ

Home.gif

posted by ひーちゃん at 23:23 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(2) | 働くママ的子育て
この記事へのコメント
本当に嫌な事件だ。真相はまだまだわからないね。
何が悲しいって母親である容疑者が、我が子の前で我が子のお友達を殺害したこと。
彼女の心の闇の部分・・・理解できないね。
理解しようと思って、ひょっとしてお友達のママさんたちが意地悪したのかなぁ?とかよっぽど悩んでどうしようもなかったのかなぁ?とか考えたよ。けど・・・それでも・・何があったかわからないけど・・やっちゃぁダメだよ。弱すぎるよね。
わたしも何を信じていいのかわからんや。
何だかショックで何だか悲しくって涙が出るね。
ひーちゃんがピーポくんの家の活動で忙しくしてるときに悲しい事件が起こってしまって、複雑だろうなぁって思いました。やっぱりすっごく影響あったみたいだねぇ。

みんなひとりひとりに心がある。子供にえらそうに言う前に自分は人に対してまっすぐに向き合えてるのかって考えさせられたよ。思いやりはすべてにおいて必要。けどわたしたちは完璧じゃないからぁ・・・。どうしたらいいんだろうね・・・(涙)
Posted by ema at 2006年02月19日 09:38
ひーちゃんさん、はじめまして♪
オレンジといいます。
ひーちゃんさんも「子どもの安全」のことを考えて下さっているんですね。

この事件‥私は人ごとではないと思いました。
この母親は、子育てするだけでも大変なのに、近所づきあいや、子ども同士の問題、そして自分自身の問題を抱えてがんばっておられたのでしょうね。

子どもの命を奪ってしまったことはしてはならないことですが、そうなる前に気づいてあげたかったですよね。

そして、自分の思いを聞いてもらえて「個別送迎」ができていたら、こんなことにならなかったようにも思えます。

国や社会を代表している人が、まだまだ男性が多いので、母親の細かい深刻な気持ちを理解できないかもしれませんが、社会全体で考えていかないといけない問題なんだと思います。
Posted by オレンジ at 2006年02月19日 14:10
emaちゃん★
ショックだわー!
ほら、あたしなんて特に「ピーポくん」やってるから特に!
この事でだんなと色々語り合っちゃったわよ。
実は保育園時代、送り・迎えってうちの場合ほとんどだんながやってたんですわ。
だんなも、その時保育園ママ達の中で「疎外感」などなど感じてたそうな。
いや、今日初めて聞かされたんですがね(汗)
でも「自分の気持ちを強く持って乗り切った」そうですよ。←大げさな。
でもemaちゃんの言うとおり誰もが完璧で強い心を持った人じゃないもんね。あたしだって・・。
こういう事件が起る度に、対策が考えられるけど根本的な原因は人間の心の中の事だからねぇ。
難しいわぁ。
Posted by ひーちゃん to emaちゃん at 2006年02月19日 23:33
オレンジさん★
はじめまして!コメントありがとう!
あたしは自慢じゃないですけど「子供の安全第一」に考えてる人間です←自慢だ!
地域でも、PTAでも一生懸命取り組んでいますが、こういう事件が起る度に無力さを感じるし、悲しくなります。
グループ送迎の不満は園長先生には話してたみたいですよね?
その時点で何か対策を実行できなかったのかなぁ?と残念でなりません。
オレンジさんの言うとおり、社会全体で考えていかないといけない問題ですよね。
あたしも、めげずに自分で出来る事を頑張ってやっていこうと再確認!デスv
Posted by ひーちゃん to オレンジさん at 2006年02月19日 23:44
ひーちゃん、こちらからもTBさせてもらいました。
ホント、これからは簡単に子供を預かったり預けたりできないわね。ありえないと思っていても、やっぱり今までどおりというわけには・・・。
地域で子供を見守るという動きが活発になっているなか、この事件によって基盤がぐらついてしまったのも本当に残念。
でも誰も信用できないという状況は危険だわ。いっそう母親を孤独な育児に追い込んでしまう。この事件は決して特異なものじゃなく、誰にでも起こりうるのだから周囲がちゃんと見守ってあげないと!という世間の認識が必要だと思う。
Posted by Natsumi at 2006年02月20日 22:44
Natsumiさん★
TBありがとう!
昨日も「ピーポくんの家」の活動で近隣回ってて
色んな方とお話して、今回の事件の事皆、「残念だね。」と言ってたよ。
地域で子供を見守るっていうのも、あくまでもターゲットは「不審者」に対してで、今回は一番信用されるであろう
子供の母親だったもんだから、どんな対策案を出していいのやら。。
Natsumiさんの言うとおり、誰も信用できなくなるのは本当に危険。
でも、やっぱり一番は家族だよね、家族(だんな)がもっと育児の大変さやストレスを気遣ってあげないと。
いくら、友達がいなくたって家族やだんなさんには苦しみや寂しさを訴えていたと思うんだ。
これから、あたしたちもこの様な事件を受けてどのような取り組みをしていったらいいのか
課題がひとつ増えました。
Posted by ひーちゃん to Natsumiさん at 2006年02月21日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「朝に殺害決意」などと供述 園児2人殺人の容疑者
Excerpt: 滋賀県長浜市で17日、同市立神照(かみてる)幼稚園の園児2人が殺害された事件で、殺人容疑などで逮捕された中国籍の鄭永善(てい・えいぜん)(日本名・谷口充恵)容疑者(34)=同市新庄寺町=が県警の調べに..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2006-02-19 02:48

滋賀の園児殺害事件/追いつめられる母
Excerpt: こんな形でまた幼い命が奪われたことが残念でならない。 怒りはもちろんだが、悲しみも同じくらい深い。 なぜなら、私もまた悩める母親のひとりだから。 孤立し、悩み、育児のストレスをためていく母親。 その..
Weblog: ワーキングマザー日記 by Natsumi
Tracked: 2006-02-20 22:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。